仮説設定力強化(1日コース)

タイトル 内容
1.マーケティング仮説とは

「思いつき」と「マーケティング仮説」の大きな違い

リサーチデータはウソをつく ~ 実績データの中に「発想の種」が隠されている

マーケティングの99%は仮説・・・(ヒット商品の仮説を解明しヒット要因を推定)

2.仮説設定のプロセス
STEP1【Fact収集】膨大なデータからFact(事実)を見出す
STEP2【データ分析】時間軸/種類別/顧客別などデータを多面的に分析する
STEP3【特異点の抽出】一定の法則で説明できない変節点を見出す
STEP4【分析結果 からの考察】なぜ特異点が生じるのか、要因を論理的に考察
STEP5【仮説の設定】特異点を生じさせる要因を仮説として設定する
3.定量データから着眼点を整理

長期間のデータから変化ドライバーを発見する

データの相関関係から因果関係を見出す

平均値からは見えない事象から仮説を設定する

データを比較することで新たな発見を得る(クロス集計の軸設定)

マーケティングデータ読み取りの留意点(認知率・購入意向率・グラフ表現)

4.定性データで仮説を補強

定量データで「アタリ」をつけて定性データで意味を深める

インタビューの発言記録から重要なキーワードを抽出しその意味、背景を類推する

定性データから潜在ニーズを類推する

5.マーケティング仮説の実践展開!

スマートフォンのFACTデータから仮説を設定する

統計データから現状と将来を仮説として設定する

スマートフォン非購入者に対する今後の展開施策を考える