支援領域

フォーカスマーケティングでは3つの支援メニューを用意しています。

支援領域(図)

マーケティングプランを共に作り上げるコンサルティング事業マーケティングプランを共に作り上げるコンサルティング事業

コンサルティングのポイントは、当社の情報収集力と分析力から得られた仮説を業界のプロである皆様と議論していく過程を通して創造的で価値のあるコンセプトやマーケティングプランに昇華させていくことにあります。
コンサルタント視点だけで一方的に書かれた分厚いレポートからは、どのように行動したら良いか見出すことが困難です。議論を通してコンサルタントの視点と皆様の視点が融合することに大きな意義があると考えます。
新たな知見は、これまで事業に携わってきた皆様が気づかない、業界の素人であるからこそ問題意識が働く場合があります。
具体的な課題に対してフォーカスマーケティングの有するスキルとフットワークの総力を挙げて支援いたします。詳しくはこちら≫

有益なマーケティング情報を得るためのリサーチ支援事業有益なマーケティング情報を得るためのリサーチ支援事業

通信環境の飛躍的な改善やソーシャルメディアやスマホ・タブレット端末の普及に伴い、情報収集の手段は数年前とは比較にならない程、選択肢が多く、且つ容易に情報にアクセスできるようになりました。
一方で大量のデータが集まり過ぎて、どのようにさばいていけばいいのか途方に暮れてしまう。という声も多く聞きます。
リサーチする目的はどこにあるのか?意思決定するためにどのような結論が必要なのか?結論を見出すためにどのような分析をする必要があるのか?そのためにはどのような形式の情報が必要なのか?目的志向で情報収集するプロセスを提示し、最も効果が高く効率的なリサーチ手法を提案していきます。詳しくはこちら≫

マーケティング革新を担う従業員の教育研修事業マーケティング革新を担う従業員の教育研修事業

当社の最終目的は皆さん自身の手でマーケティングプランを作成できるようになることです。コンサルティングは一時的なものであり、長期間ご支援するということは本来的にはあり得ません。フォーカスマーケティングの有する概念・理論フレームワークを身に着けていただき、皆様の手で実務展開していただくことを目指します。
そのために3つのプロセスで理解を深めていただきます。①基礎的な考え方を学ぶ②ケースを自分で考える③他者と議論する
3つのプロセスをまずは身近なケースで考える。そのあとは自社に置き換えて検討していくことによって、マーケティングを使いこなすことができるようになります。詳しくはこちら≫