シニア調査 無料レポートプレゼント

「団塊シニア男性の生活実態とマーケティング展開に関する」アンケートを実施しました。

高齢化社会の到来に伴い注目が集まる団塊シニア男性の消費実態と「日本酒」に焦点を当てて、ニーズ抽出、コンセプトテスト(仮想)から団塊シニア男性の特性を明らかにしています。ご希望の方は下記[レポートお申込み]よりお申込みください。

1.「団塊シニア男性の生活実態とマーケティング展開に関する」アンケート

【調査手法】インターネットリサーチ

【調査実施日】2012年9月7日~9日

【調査対象者】1947年~49年生まれの男性300名 一都三県居住者

【調査目的】
・団塊世代男性の消費実態を探り、その要因を意識面、生活実態面から考察することによって、団塊世代男性へのマーケティング展開の方向性を模索する。

【調査課題】
・可処分資金、消費意欲が共に高い、アーリーアダプターの特性を見出す。
・どのような商品やサービスを購入し、どのようなキーワードに反応するのか。団塊男性の琴線に触れるコンセプト抽出のヒントを探る。

【仮説とマーケティング展開】
・スマートシニアはシニア世代のオピニオンリーダー
・消費意欲旺盛で可処分所得が高い。且つ他者へのクチコミや情報発信源(アーリアダプター)
・スマートシニアのマーケティング特性を探る

【アンケート項目】
・健康度合:身体の健康/心の健康
・生活実態:生活パターン、家での役割、趣味・遊び、インターネットの利用実態
・お金のフローとストック:可処分資金、消費意欲、お金を遣う理由、資金管理状況
・消費実態:日常的な買い物、1万円以上の買い物、旅行趣味に費やすお金
・飲酒実態:毎日飲む酒の量と種類、外で飲む頻度、お酒の未充足ニーズ、コンセプトテスト

2.「団塊シニア男性の日常の過ごし方」GIからの考察

【調査手法】グループインタビュー【実施日】2012年6月16日(土)

【場所】八重洲ダイビル

【調査対象者】61歳~66歳の男性 日常的に飲酒習慣のある人

【実施グループ】 消費意欲の高い「アーリーアダプター層」と消費意欲は低いがリーダーシップのある「バンカラ層」の2G

【調査目的】
・団塊世代男性の意識面、行動面から実態を探る。
・団塊世代男性の飲酒状況と未充足ニーズを抽出する。

【インタビュー項目】
・60歳を迎えての意識の変化:定年後の意識と行動
・日常生活について:1日の過ごし方、1週間の過ごし方、生活上の役割
・消費実態:最近の高額消費、可処分資金、気になる広告
・お酒に関して:飲酒実態、酒に対する不満