マーケティングミックス【チャネル】

流通チャネルのタイプりゅうつうちゃねるのたいぷ

企業から顧客へ商品を提供するには直接販売と卸、流通を通して間接的に販売するケースがある。商品カテゴリーや顧客層の広さなどによって異なる。

直接販売、間接販売にはそれぞれメリットとデメリットがあり、自社商品の価格帯や特性に応じて、どのような形態が望ましいのか検討する必要がある。一般的には顧客が少数で高額の商品を提供している場合には直接販売を用い、顧客が不特定多数に広がり管理しにくい場合には販売代理店を介在した間接販売を採用することが多い。

日本の場合流通チャネルが多段階(企業から顧客までの間にチャネルが介在する数が多い)ことが特徴で、諸外国から参入障壁と言われることが多い。