マーケティングミックス【価格】

ペネトレーション戦略(浸透価格設定)ぺねとれーしょんせんりゃく

成長期など市場が拡大した状況において低価格によってシェアを一気に獲得し、競合他社との参入障壁を築く戦略。牛丼チェーンやADSLなどで取られた事例が該当する。購買頻度が高い場合や、顧客ロイヤルティを獲得することができ反復購買をするケースなどに有効にはたらく。購買タームが長い場合にはあまり有効ではない。業界の価格水準を乱し、適正価格を提示できない危険性がある。
スキミング戦略と対比させる。