マーケティングミックス【価格】

価格の弾力性かかくのだんりょくせい

価格を下げた際に需要がどの程度増加するかをはかる指標。BtoBの商品、サービスは価格の弾力性が低く、BtoCの商品、サービスは弾力性が高いと言われている。価格を下げた際に需要が大きく増加する場合、価格の弾力性が高いという。下図のA商品はB商品と比較して価格が下落すると需要量が増加する割合が高い。この場合価格弾力性が高いとなる。