マーケティングミックス【商品】

商品ミックスしょうひんみっくす

商品政策を考える際に、どのような商品を展開するかを検討すること。商品ミックスはラインととアイテムで構成される。牛丼専門店は、牛丼という単一ラインで勝負をしており、アイテム展開は「ネギ牛丼」「牛丼カレー」といったトッピング要素と、容量をSMLの3段階で展開されている。ファミリーレストランは牛丼よりも圧倒的に多いライン数で、「牛丼などの丼もの」の他に「ハンバーグ」「ステーキ」などの焼き物、「パスタ」や「グラタン」「日本そば」など多くのライン展開を図っている。ターゲットとする顧客の特性とニーズ、競合企業の強みと弱みなどを勘案して自社の商品ミックスは策定されるべきである。