マーケティングの基本的な考え方

トレードオフとれーどおふ

ひとつの行動を起こそうとする時、比較するもう一方の行動が存在する。一方を成そうとするともう一方は諦めなければならない。その時にトレードオフの関係にあると言う。お小遣い1000円ではシングルCDもしくはコミック本が買える。シングルCDを購入してしまったらコミック本を購入することはできない。マーケティングでは顧客が何と何を比較しているのか?比較状況と比較ポイントを認識することが重要である。消費財においては上述の例のようにカテゴリーを超えて比較対象となっていることが多く顧客の特性からトレードオフの関係を類推することが求められる。