【9】2次データを読み込む

2次データを読み込む

2次データはマーケターにとって活用度合が高いものです。

しかし2次データは一時点において一定方向から事象を眺めているという側面があります。従って特定目的を追求するマーケターの課題としては、いくつかのデータを掛け合わせ、仮説を立案していくというプロセスが求められます。

本コラムでは、データを掛け合わせて事象の背景や要因について、ケースを通して解説していきたいと思います。


第1弾のケースは「シニア世代の需要を取り込む」と題して、高齢化が進展する日本社会において、益々注目が集まるシニア世代の消費の特徴と、今後の対策について考えていきたいと思います。

【Contents】シニア世代の需要を取り込む
① シニア世代の消費の実態と傾向
② 世帯タイプ別の消費の特徴
③ シニアの好む商品の傾向

**************************************************************************************

フォーカスマーケティングでは皆さんのビジネスに合致した形で仮説設定プロセスを伝授するコンサルティングサービスをご案内しています。マーケティング施策で悩まれている方、企画が煮詰まっている方は、

お問い合わせ

にて、ご連絡ください。コンサルティング内容を説明したパンフレットをお送りします。

(お問い合わせ内容 欄には「マーケティング仮説資料希望」とご記入ください)


仮説設定プロセスを習得ことで、情報収集、分析、仮説設定から施策展開について、経験豊富なコンサルタントのサポートを受けながら、ご自身の商品ブランドを強化するための施策立案が可能となります。

執筆者:蛭川 速 / 2013.09.27